しょうゆのおはなし

しょうゆの歴史

醤油の起源は和歌山県の湯浅にあり、鎌倉時代に造られたのが最初とされ、醤油発祥とされています。

しょうゆの言葉は、醤油の「醤」はひしほといって古く中国から伝来した「醤 - ジャン」に由来します。

穀物を原料とした「穀醤 - こくびしお」(現在の味噌にあたる)からしみ出した液「溜まり」が改良したものが「醤油」の原型で、油のような液体なので「醤油」となりました。

室町中期の「文明本節用集」には「漿醤」(しゃうゆ・しょうゆ)が、室町末期の「多聞院日記」に現在の「醤油」の言葉がはじめて出てきました。

必要な大豆、小麦、種こうじ

Copyright(c) 2017 キノエネ醤油株式会社 Allrights reserved.