しょうゆのおはなし

種類と特徴

白再淡濃

こいくちしょうゆ

しょうゆ消費量の約80%を占め、一般的に広く使われているのが「こいくちしょうゆ」です。つけ、かけ、煮物のほか、あわせしょうゆにも適しています。原料は、大豆と小麦をほぼ等量に用い、主に関東地方で発達してきました。塩分は16~18%です。

うすくちしょうゆ

色がうすく、料理の素材がもっている色や味わいを生かす関西料理には欠かせないしょうゆです。原料には、大豆、小麦のほかに、むし米や甘酒を使います。兵庫県龍野地方で造りはじめられました。塩分は18~19%です。

たまりしょうゆ

トロリとしたコクのある味が特長です。料理の味を濃厚にしたいときに、うってつけのしょうゆです。照り焼き、煮物、せんべいなどにも適しています。原料は、大豆に極めて少量の小麦を加えたものです。愛知・岐阜・三重県などで、古くから愛用されています。

さいしこみしょうゆ

「甘露しょうゆ」ともよばれ、色も成分も、特に濃厚なしょうゆです。原料はこいくちしょうゆと同じですが、仕込みの工程で食塩水のかわりに生しょうゆを使用するのが特長です。仕込みを二度くりかえすのでこの名称があります。山陰地方、山口県、九州の一部で親しまれています。

しろしょうゆ

うすくちしょうゆより、さらに色のうすいしょうゆです。茶碗むし、きしめんなど、でき上がりをうすい色に仕上たいときに使われます。原料は、精白した小麦と少量の蒸した大豆でこうじを作り、工程中で色の濃化を強くおさえます。愛知県が主な生産地です。

Copyright(c) 2017 キノエネ醤油株式会社 Allrights reserved.